HOME

混声合唱とピアノのための組曲

バーレルガーシュの歌

 楽曲のタイトルをクリックすると、それぞれの音源(mp3)や楽譜(PNG)を掲載した個別ページに飛びます。さくっと見てみたい方はそちらもどうぞ。

荒野にて

―誰かがおいて行った日々を思うて
荒れ野の風は泣くばかり―

バーレルガーシュ

バーレルガーシュは魔女の娘
魔法を使えぬただの娘
村を見下ろす高台にある
古いお城に住んでいた

バーレルガーシュは魔女の娘
一番末の泣き虫小虫
姉は王都の大樹となり
兄は海蛇の餌(え)となった

バーレルガーシュは魔女の娘
旅の道は銀の轍
愛する人を失っても
歩くことをやめなかった

バーレルガーシュは魔女の娘
旅の終わりは小さな石
歩みをとめた旅人には
帰るおうちもなくなった

瓦礫旅行記

あれは私が十の夏
流行り病が町を襲い
太陽さえもついぞ現れなかった
あの夏

(母さんは言っていたのだ!
「決してあれを開けてはいけないよ」と―)

広がる呪い
枯れ果てる大地
町が灰色に染まる―

石の廊下に響き渡る
姉さんの怒鳴り声
兄さんの嘆き声
私は一人なにもできず
本棚の影
うずくまりふるえていた


まず姉さんが家を出た
母さんの杖を掲げて
じき兄さんも家を出た
伝家の剣を携えて



広い屋敷に一人
待てど暮らせど
二人は戻らなかった

灰色の町に
吹き荒ぶ冷たい風が
私を呼び起こす―


私は旅に飛び出した
埃かぶった古い外套を手に
見知らぬ世界
見知らぬ道
手がかり求め
あてどなく歩き往く
私の旅は終わらない

つみびとさがせ

つみびとをさがせ
おれたちのあしたをうばった
つみびとをさがせ

かがり火をともせ
にくしみさそい
この身をもやす
かがり火をともせ

鐘をうちならせ
友よ
たたかいは終わらぬ
かぜにゆれる旗
あの日の誓いを
あいする人を守れ


―忘れるな
わたしたちはたくさんの悪意の中で生きている―

ファーザー・ランド
 -the Further Land-

愛を歌いたかった
あなたのそばで
たとえそれが
重ねた日々を解こうとも

悲しみの淵にいる人
あなたの胸には
誰の声が宿りますか
荒れ野の葉ずれの向こうに
私の歌を聴くときは
疲れたその足を止めて
どうか耳をすましてほしい

愛する人
あなたの往く道が
やさしいものであることを

荒れ野の風を友とし
歩みをやめぬ
ただ一人の人
あなたに寄り添う歌があることを
どうか忘れないで
あなたを思い続ける
ただひとつの歌

バーレルガーシュの歌

さあ 行くんだ
忘れられた凱歌を胸に抱き
曠野の風だけが渡って往く
遥かなるその先へ
笑えば良い
この時を待っていた
誰もが私を見過ごす瞬間
気のせいだろう?
昨日の韻律
どこかで入れ違っていた
叫べど
憎めど
讃歌はひとしく降り注ぐ
口を閉ざす拝謁者達
轟音 罵声
鐘は喧しく鳴る 鳴る

たくさんの後悔と
積み重なる懺悔が
どこにも行けず迷子のまま
引き裂かれ千々に舞う
容赦なく頬を叩く風が
夜明けを連れてくるまで
泥濘に棲む魂を燃やせ
動け 足よ
記せ 耳よ
響け 目よ
諦めるな

意味のない命だと
街角に捨てられたひとり
誰も知るはずのない
君の昨日
私の明日
このままでいよう
やがて落ちる最上の寓話
語り部を失えば
枯れるまでのこと
ただひとつの選択肢すら
塗りつぶされていく

帰らないと決めた星夜の果て
振り払った日々はただ愛しく
黄昏に頷いたあの合図
祈りのように思い出しては
悲しみを追いかけた
私だけに誓う無限の旗
背負った願いなどここには無い
寂しさも ぬくもりも 歓びも
君も 愛も
そのすべてにさよならだ

心のままに望んだ荒野を
ただひとり放れる時がきた
すべての朝もすべての夜も
取り取りの花片となり
追憶の窓辺に咲く
祝福には遠い日々だとしても
狼狽えるな
無限の色
無限の旗
無限の道はこの手の中に
笑みを浮かべ
風とともに
この荒野を駆けていこう