ようこそハルマチワークスへ。
 音楽をつくる人・のるのウェブサイトです。

 HARUMACHI Works

 EXPLORATION OF MUSICA
 UNIVERSALIS/HUMANA

音楽探求工房ハルマチワークス

 日本語English

 MENU

About


About

ごあいさつ

こんにちは、ようこそいらっしゃいました。ここは私、のるが制作している音楽を紹介するウェブサイトです。もともとは、こつこつ作ったオリジナル合唱曲の楽譜を展示したのが始まりでした。現在はインストゥルメンタル、みなさまにBGMとして使ってもらえる楽曲を作り、さまざまなウェブサイトやサービスで公開しています。その情報を総合的に、このウェブサイトからお届けできたらなあと思っています。

私について

現在長野の山奥で自然と戯れたり、大阪の古き良きニュータウンでメダカの世話をしながら、音楽作りに勤しんでいます。
約15年ほど、デパートで販売のお仕事をしていました。その間にも、合唱団で伴奏ピアニストのお仕事や、趣味で合唱曲を作ってみたり、音楽活動を継続しておりました。
今はユーザーのみなさまのおかげで、音楽だけでなんとか生活できるようになりました。ささやかな暮らしではありますが、作曲活動と自分の暮らしを楽しみつつ、これからも頑張って参ります。

「BGMとして扱いやすい、ユーザーフレンドリーな楽曲であること」と、「音楽として美しい作品であること」の両立を目指しております。精進在るのみ。

私は音楽以外のことはからきしダメで、いつも人と自分を比べては、落ち込んだり消えてしまいたい気持ちになっていました。今私がここにいるのは、本当に音楽のおかげです。ピアノが、音楽だけが、私にとって生きる力であり、炎でした。

私は、音楽の神様に本当に感謝しています。私の作る音楽が、いろんな人たちの役に立ったならば、きっと音楽の神様への恩返しになるはずだ。なってるといいな。なあんて思いながら。音楽を作っています。みんなへの感謝の気持ちを忘れずに。いつも、ほんとうにありがとうございます。今日も明日も、自分の音楽道を邁進して参ります。

ちなみに…のる、丸ノ内ノイ、HarumachiMusic、すべて私の使っているペンネームです。同一人物です(笑)

依頼について

たくさんの方に幅広く音楽を使ってもらいたい、聞いてもらいたいという思いから、個別の楽曲制作依頼はお受けしておりません。ときどきそういった依頼のお話も頂戴するのですが、お応えすることが出来ず申し訳有りません。しかしお声をかけていただけたことは、私にとって大変励みになります。ありがとうございます。

楽曲の使用報告について

現在、たくさんの方から「曲を使ったよー!」というご連絡、メールをいただいております。ひとつひとつ、大切に拝読しております。いろんな使い方をしてもらえて、本当に幸せだなあと。嬉しい気持ちでいっぱいです。お返事ができないのが心苦しく、大変申し訳ないです。みなさんの自由な発想から作られる・生まれる作品たちは、私にすごくインスピレーションを与えてくれます。お互いステキな作品創りを楽しみましょうね!(❃´◡`❃)

寄付もお待ちしております

「寄付したい」というお声もありがとうございます。今までは個別に対応させていただいておりましたが、「Buy Me a Coffee」というサービスを見つけたので現在そちらを利用しています。

海外のユーザーさんも多いので、英語になっております。が、もちろん日本語でも大丈夫ですよ(❃´◡`❃)みなさまのサポート、お待ちしております。

好きなもの

私の好きなものについて。

フランドル楽派の音楽が大好きです。ルネサンス期の音楽ですね。ざっくり言うと、バッハ先生より更に200年ほど昔の音楽。特にハインリヒ・イザーク先生。心の師である。タリス・スコラーズのCD、『使徒のミサ』がイザーク先生との最初の出会いでした。

(私はしばらく、ジャケット画像の人がイザーク先生だと勘違いしておりました。マクシミリアン1世なのね!わかんなかったよ!笑 ハズカチイ)

それぞれの声部が独立して旋律を歌っているのに、こんなに調和するのはなぜなんだ…!と、この美しさにびっくりしました。そしてタリス・スコラーズの歌声がまた美しい!(ちなみに…このアルバムを聴く以前に、大学合唱団の先輩たちが歌ってたかでパレストリーナは聞いたことがあったけれどもパレストリーナはあんまり好みではなかった。から、ポリフォニーに対してあまり良いイメージはなかった。ちなみにジョスカンも…えへへ)

私たちがよく知っている、「和音(伴奏)があって、その上にメロディーがのっかっている」…といういわゆるホモフォニーではなく、ポリフォニーの美。この、なんていうかな、イザーク先生の書いた音楽の文法が、私にはすごく心地よくて、分かりやすくて、好きです。

Regina coeli laetareもすごく良いんだあ…

あと、Morte che fay

ジョン・タヴァナーやオルランド・ラッススも好きだなあ。

なんかフランドル楽派の話だけで終わってしまいそうです。いけないいけない。

以下敬称略。
好きな音楽。特に好き。ドビュッシー、プロコフィエフ。
モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスも好き。最近やっとちょっとショパンも好き。
国内だと小六禮次郎、久石譲、菅野よう子。
ピアニストは圧倒的ポリーニ。
好きな絵。圧倒的シスレー。シスレーだけの企画展とかないかな…ないよね…(笑)長谷川等伯、ゴッホ。あと印象派は総じて好きかなあ。
好きな食べ物。クリームパン。パンケーキ。生ハム。コーヒー&紅茶。
好きな本。なし。びっくりするぐらい本を読まない。音楽史の本や、音楽理論書、古代史の本を読んでお勉強するのは好きです。小説は全く読みません。実用書のほうが、まだ読むかなあ…

あとはそうだなあ。みなさんがどんな作品に私の音楽をBGMとして使ってくれているのかを知ることは、とても好きです。そして楽しい。こちらが予想していたとおりの使い方をしてもらえると「よしよしニシシ」と思うし、逆にこちらが思っていなかったような面白い使い方をしてもらえるのも、めっちゃ楽しいです。「えー、こんな使い方もできるんだなあ!」っていう発見が楽しい。ユーザーさんの作品から、新たな発想や視点をゲットしております。えへへ。

過去の更新履歴

2024.06.12
Pixabayのリンクを再掲。英語版ウェブサイトもできたので、つなげましたあ。あと、フッターのウェブサイト開設年を間違っていたので、訂正。

2024.06.03
ウェブサイトの軽量化を図るため、リニューアル。外観のみのチェンジ。作っては壊し、作っては壊し。何回リニューアルするねん!まあ音楽も芸術も研究も何事もトライアンドエラー、破壊と創造だから気にしないことにします。えへへ。
ということで、ウェブサイトがかなり重くてご不便をおかけしました。ちょっとでも快適に見られるようになってるといいなあ。

あと、現在一時的にPixabayのリンクを外しております。