5.出立の朝

始日の鐘が鳴ると
街は一瞬静かになる
その隙間を縫うように
僕たちは街を出た

城壁の向こうには
さざめく緑の草原
遠く見渡した空に
明けの星が輝く

白む空は
星を吸い上げ
遠い地平に返す
歩き出した僕の昨日も
雲に 風に
押し流されていく

初めて見る夜明けに
少年は何を思うだろう

離れていく城壁は
赤く照らされていた

-Download-